787を日本の博物館に寄贈へってどこよ!【FlyTeamの誤解】

Category : Boeing787
数日前FlyTeamでこんなニュースが流れた。

『787初号機「ZA001」、日本に寄贈へ!? 早ければ5月末にも飛来へ』

内容を要約すると、早ければ5月末に787の初号機であるZA001(N787BA)が日本に飛来し、どこかの博物館に展示されるというものだ。FlyTeamの記事では、成田や所沢の航空博物館、小牧に作ろうとしている新たな施設が展示先候補として挙げられている。

そもそも787の初号機が日本の博物館に寄贈されることになったらそれは一大事だ。2号機、3号機はともにアメリカの博物館(それぞれアリゾナのツーソンとシアトル)に寄贈されているが、初号機はまだである。その記念すべき1号機が日本に寄贈されるとなれば、787の歴史にまた大きな1ページが刻まれることになる。これは787の大ファンとして黙ってはいられない事態である。

この記事の大元はALL THINGS 787という787をテーマにしたブログだ。

ALL THINGS 787 "ZA001 to be donated to Japanese Museum"

原文記事を読むと、FlyTeamの記事が的を外しているのがよく分かる。それが今日の記事を書こうと思ったきっかけである。

元々の記事の中では寄贈先は、

a yet un-named Japanese museum

とされている。

直訳すれば「まだ名付けられていない日本の博物館」となる。FlyTeamの記事では「博物館の名前はまだ明かされていない」となっており、原文の解釈を完全に間違えている。もし明かされていないだけならば、「unannounced」や「not disclosed」などを使うだろう。しかし実際には「un-named」だ。明かされていないのではなく、名付けられていないと解釈するのが自然である。

従って成田や所沢は既に名前が付いている博物館なので候補としてあり得ない。また小牧の施設も建設すらまだ始まっておらず、完成は2017年頃を予定しているようなので時期が全く合わない。

すると5月末に日本に飛来してどこに置くというのか…。謎が深まる。名付けられていない博物館ってどこよ。教えて!!!


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索