スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









バッキンガム宮殿は衛兵交代がなければガッカリスポットか?

Category : 海外旅行
ビッグベン、タワーブリッジ、ロンドン塔とまわった次はバッキンガム宮殿に行ってみよう。ここはどこよりも有名なロンドンの観光スポット。「ここを見ずしてどこを見る」的なロンドン観光の名所である。


2015JAN-LDN-081.jpg
降りた駅はSt.James's Park(セントジェームスパーク)。ここから歩いて5分~10分である。


2015JAN-LDN-082.jpg
着いてみたら意外と普通。

もしかしたらガッカリスポット?

よっぽどどっかのホテルの方が重厚な造りじゃないか?

歴史や美術にまったく知見のない僕にとってバッキンガム宮殿は単に「ちょっと豪華な建物」くらいにしか見えなかった。まぁそうは言うもののバッキンガム宮殿はエリザベス女王の公邸であり(住んでんのか知らなけど)、王室で何かイベントがあったら必ずここで何かが行われるほどの場所であるため、そんな粗末な言い方をしちゃいけない。由緒正しい歴史的建造物なのである。


2015JAN-LDN-083.jpg
ロータリー真ん中のモニュメント、ヴィクトリア記念碑を入れて撮ってみてもどかかサマにならない。


2015JAN-LDN-084.jpg
すると馬車が登場。あまりに突然すぎてシャッターチャンスを逃した。


2015JAN-LDN-085.jpg
ロータリーを半周して反対側から撮ってみるもやはりイマイチだ。


2015JAN-LDN-086.jpg
もちろん中に入ることはできず、鉄格子越しに眺めるだけである。


2015JAN-LDN-087.jpg
穴から覗いてみると…。
ほぅ。NO GUARD CHANGING CELEMONY TODAYと。ノーガードチェンジングセレモニートゥデイとは?


2015JAN-LDN-088.jpg
こちらに詳しく書いてあった。なるほど、「春から秋にかけては毎日やります。」「秋から春にかけては一日おきにやります」と。で、ガードチェンジングとはなんなのかというと、これまた有名な衛兵交代というヤツだ。ガイドブックを見れば必ず載っている、エキゾチックで厳かな儀式である。看板をよく見てみるとそこだけ日本語で書いてある。明日の11時半に来れば見られたのだ。

バッキンガム宮殿は建物を楽しむための場所ではなく、衛兵交代を見るための場所なのだ。今回は何の下調べもなく、単なる思い付きで来ているので衛兵交代は見られなかった。

ここはちゃんと衛兵交代の時間を調べてくる場所。それが分かったのが今回バッキンガム宮殿を訪れて分かったことである。じゃなきゃガッカリして帰るだけである。


2015JAN-LDN-090.jpg
ふと空を見上げるとニュージーランド航空の777-300ERが。はるばる地球を半周してロンドンまでやってきたコイツは、ロンドンを発着する便の中で最も長い距離を飛ぶ便ではないだろうか。そんな思いを馳せながら僕はバッキンガム宮殿を後にした。


2015JAN-LDN-089.jpg
ということで帰りは違う駅に向かって歩き、そこから地下鉄に乗った。Victoria(ヴィクトリア)駅までは歩いて10分程度である。St.James's Parkとほぼ同じくらいの距離なのでどちらの駅を使ってもよいだろう。

駆け足のロンドン観光は続く。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。