昔は良かったANAの中部-成田

Category : 国内旅行
朝6時半。コンフォートホテルからスーツケースを転がしてチェックインカウンターにやってきた。1月という閑散期、日曜の朝とあってそれほど混雑はしていなかった。成田行きカウンターは手荷物を預ける人でやや列ができていたが、僕はプレミアムカウンターを使えるため、待ち時間はゼロである。「SFC(スーパーフライヤーズカード)はもう要らないんじゃないか」なんてことを前回書いたが、こういう時にSFCは威力を発揮する。時計を見ながらイライラしない心のゆとりが一流のビジネスマンには必要である。


2015JAN-NH338-01.jpg
成田行きは7時55分発。成田から先はヴァージンに乗り換えロンドンへと飛ぶ。

ラウンジに行ってコーラを半杯。今日はこれから先、沢山コーヒーを飲むだろうと思いコーヒーは控えておいた。朝方コーヒーを飲むと頻尿になる。これが昼間なら全然OKなのだが朝一はどうも弱いのだ。

所要時間は短いが、水平直線飛行時間も短い成田行きではトイレに立てる時間が短いため、結構その辺は気にしている。というよりも実は朝方のコーヒーは、大きい方の引き金になることが多いからそれを恐れていると言った方が正しい。だから朝、飛行機に乗る前のコーヒーは極力控える、というのが僕の経験則である。


2015JAN-NH338-02.jpg
ラウンジを出てセンターピア方向に向かう。僕の乗るANAの737は手前の737ではなくJALの767の向こう側である。

2015JAN-NH338-03.jpg
成田行き338便。ふと、昔同じ便が747-400で運航されていたのを思い出した。国際線の合間運航で、朝の成田行きが国際線機材の747。アッパーデッキ(2階席)のビジネスクラスは普通席扱いだったため、追加料金ゼロでビジネスクラスに乗れる路線として貴重だった。

ところが今となっては機材は737。何だかつまらない時代になってしまった。JALは747でないにせよ、相変わらず787や767の国際線機材を使っていることから、ANAの成田行きは随分と魅力のない路線になってしまったと感じる。


2015JAN-NH338-04.jpg
噂をすれば隣はJAL成田行きの767。こちらは国際線機材である。本音はこちらに乗りたい。しかし成田からの乗り継ぎがANAとコードシェアをしているヴァージンのため、ANAを選ばざるを得なかったのである。


2015JAN-NH338-05.jpg
事前改札にて737に乗り込む。朝のひんやりとした空気がボーディングブリッジの中まで入ってきていた。


2015JAN-NH338-06.jpg
隣のJAL成田行きは、ANA成田行きよりも30分程度遅れて出発する。先に成田で待ってるぜ。

僕の乗る737はゆっくりとプッシュバックを開始した。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索