朝日を浴びて離陸【ANA中部-成田搭乗記】

Category : 国内旅行
成田行き338便はタキシ―を開始した。


2015JAN-NH338-11.jpg
凍えるエプロンから礼儀正しく手を振る地上スタッフに僕も軽く手を振り返す。向こうからもきっと見えているはずだ。


2015JAN-NH338-12.jpg
国際線側には、沖止めにしてあるデルタA330がいた。これはセントレア唯一の北米路線デトロイト行きの機材だ。これを書いている現在ではフライトスケジュールが変更になり、夕方前に到着し夕方に出発する効率的なスケジュールとなったが、この写真を撮ったとき(2015年1月末)は夕方到着し、翌日の昼までセントレアに駐機しておくという非常に効率の悪い運航パターンになっていた。セントレア以遠のマニラ線を運休にしてしまったものだから、これまで飛んでいた中部→マニラ→中部のフライト時間が空白になってしまったのである。


2015JAN-NH338-13.jpg
滑走路端までいかずに残滑走路長2800mのところから離陸を行う。これをインターセクションディパーチャーと呼び、十分に滑走路に余裕があるとき、滑走路端まで行く時間・燃料を節約するために行う出発方式だ。これにより約3分程度は節約できると思われる。


2015JAN-NH338-14.jpg
離陸後左旋回で伊勢湾上空を180度旋回し進路を南、さらに90度旋回し東に機首を向ける。


2015JAN-NH338-15.jpg
朝日に輝く伊勢湾、そこに浮かぶセントレアは実に美しかった。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索