一応客なんですけど、お友達じゃなくて。【日本語大丈夫か?デルタの地上係員】

Category : 海外旅行
僕はこれからミネアポリスに飛ぶ。本当は中部からデトロイトに飛びたかったのだが、2014年の冬スケジュールからデイリー運航ではなくなっていたので仕方なく成田に来たのだ。

ちょうどこの日は4月8日、成田のLCCターミナルのオープン日だったのが幸いしてターミナルビルの取材ができたのは良かったが、成田経由で座席提供数は多いとは言え、時期によってはアップグレードが取れないこともあるわけだから、やはり中部からダイレクトで米国に飛びたい気持ちは残る。新幹線で品川まで1時間半、品川から成田空港まで1時間。乗り換えを含めたら確実に3時間は掛かっている。随分と時間をロスしている気がする。


DL585-01.jpg
さて成田空港第一ターミナルビル4階。デルタは北ウィングの出発である。南ウィングから北ウィングへと通り抜けると、すぐにデルタのチェックインカウンターが見える。おお、これは分かりやすい。


DL585-02.jpg
早速SKY PRIORITYレーンでチェックインをしよう。

チェックインカウンターにて機内食について聞いてみた。「今から和食をオーダーすることは可能ですか?」と。何故ならばいつも和食をオーダーすると「売り切れたから変えてくれ」と言われるからある。事前にオーダーする方法もWEBからはよく分からず、チェックインカウンターで頼めば何とか融通してもらえるかな?と思ったのだ。

そしたらオフィスに電話をして確認をしてくれた。結果は「機内食の搭載は終わっており、パーサーに伝えておくので、もう一度機内で頼んでくれませんか?」ということだった。

その対応は問題がない。というかむしろちゃんとオフィスに電話で聞いてくれてとても嬉しかった。しかし、小さなことなのだが、僕を担当したデルタの係員の言葉遣いが問題だった。なぜそうなるのか?

「カウンターの○○です~。○○にお座りの○○様が、和食がいいって言ってるんですけどー」と。

オイオイ、その言葉遣いはないだろう。客の前で、

「和食がいいって言ってるんですけどー」

はちょっとマズくないか?自分の上司と話してるからって、電話だから客に敬語使わなくていいってわけじゃないでしょう。一応目の前にいるんだから「和食を召し上がりたいとおっしゃっているのですが」くらいにした方がいいんじゃないか?接客業やってるんだから最低限の敬語はマスターしようぜ~。客の前で「言ってる」って、それ、尊敬語の前に丁寧語でもないだろー。

どうして外資系のスタッフってっいつもそうなっちゃうのかな?予約センターに電話してもときどきメチャクチャ荒っぽい日本語を話す人が電話口に出て驚くことがある。実は一度SQに電話して、あまりに言葉遣いが酷かったから、「ちょっとその言い方はないんじゃないっすか?」ってクレームをつけたことがある。

英語にも敬語ってあるでしょ。敬語まで行かないにしても丁寧表現っていうか。日本である以上、英語を上手に話せる人でも日本語をまずちゃんと話しましょうよ。いつも思わされるが、外資系エアラインって日本語がなんかお友達風なんだよな。

心の中で「ブログに書こっと」とつぶやき、特に文句も言わずその場をやり過ごした。


DL585-03.jpg
出国するとすぐにデルタの777が見えた。お、これがオレの乗る777か。とゲートに行ってみるとどうやら違うようだった。それにしてもデルタがたくさんいる。写真に写っていないが四方八方デルタだった。


DL585-04.jpg
この時間、僕の乗るミネアポリス行きのほかにも、シアトル、アトランタ、ニューヨーク、デトロイト、シンガポール、ロサンゼルス、バンコクとデルタの出発便が続いている。

成田でのデルタの勢力ははっきり言って凄い。でも、だからと言って日本語変なのは困りますよ。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索