スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









デルタ777ビジネスクラス搭乗記【777ヘリンボーンシートの実力】

Category : デルタ航空
ミネアポリス行きは16時40分発。50分前の15時50分から搭乗開始である。


DL585-21.jpg
ミネアポリスはあんまりメジャーな行先じゃない気がするけれど、ノースウェストの時代かられっきとしたハブ空港であった。きっとミネアポリスで降りる人なんか一握りで、皆、そこを経由してどこかに行くのだろう。


DL585-22.jpg
機材は777。デルタの長距離と言ったら747しか乗ったことがなかったので、初めての777に僕は若干興奮気味であった。


DL585-23.jpg
いざ搭乗。一人に先を越され、真正面からキャビンを撮ることができず斜めになってしまったのが残念である。一見シートがどう並んでいるのか想像しづらいが、れっきとしヘリンボーンシートである。


DL585-24.jpg
ビジネスクラス後方の3列しかないエリア。747と比べて違和感を覚える人がいるのならばそれは正しい。777は骨の向きが他の機首とは逆なのである。747の窓側席は足元が窓側に向いている。一方で777のヘリンボーンは足元が通路に向いているのである。


DL585-25.jpg
僕の席は21A。ビジネスクラスの一番後ろの席を指定した。ビジネスクラスの一番後ろの席であれば誰も僕の横を通らず、静かだからと思ったからである。

しかし問題が一つ。搭乗時に僕の席の目の前で渋滞が起こるのだ。何だか非常に落ち着かなかった。ドアクローズまで基本的に僕の横に人がいる。まぁでもそれは搭乗時だけであるので我慢すべきところなのかも知れない。


DL585-26.jpg
この向きのヘリンボーンの悪いところは隣の人がモロに見えてしまうこと。皆、通路側を見ているので、お互いに見ようと思えば見えてしまうのだ。747は逆でお互いに背を向けているため見えない。どちらがいいかと言われれば、僕は747方式の方がいいと思った。ただ、比較的大きなパーティションがあるため、そこまで気にならない。


DL585-27.jpg
もう一つこの方式のヘリンボーンは窓が見にくいこと。窓が見にくいというよりもパーティションが窓をふさいでしまっている。(ように見える)


DL585-28.jpg
しかし顔を近づけてみれば何のことはなく、747は窓までが遠いのであるが、むしろ777の方は窓に近いので、逆に見やすいと感じた。ただ、写真は撮りづらかった。左側に座るとカメラを右手に持つからである。外を撮りたければ常に体をひねりながらの撮影。結構しんどかった。777と747で向きの異なるヘリンボーンであるが、一長一短ありどっちもどっちというところである。


DL585-29.jpg
成田空港は雨。窓に水滴が付いてしまっているので外の写真を撮ることができなかった。離陸滑走を始めてやっと外の写真が撮れるようになった。


DL585-30.jpg
離陸するとすぐに雲に入る。

約11時間のミネアポリスまでのビジネスクラスの旅。楽しんで行きましょう。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。