寝てみたら747よりも777の方が快適だった。【デルタ777ビジネスクラス】

Category : デルタ航空
映画を見よう。見たことのある映画を除いて、僕が見たいと思ったのが「ソーシャルネットワーク」と「ドラえもん」。


DL585-61.jpg
とりあえず「ソーシャルネットワーク」を見た。日本語を選んだら吹き替え版だったので、つまんないなぁと思って英語版で見たら死んだ。マークザッカーバーグ(役)の英語が早すぎて全く理解できないのだ。字幕でも付いててくれりゃありがたいのに、英語版は容赦なく英語音声のみで理解不能。すぐについていけなくなり、見るのをやめた。


DL585-62.jpg
ドラえもんも「ま、帰りに見ればいいや」と見るのをパスした。


DL585-63.jpg
キャビンの灯りは完全に落とされて「黙って寝ろ」モードにされた。


DL585-64.jpg
この時点で飛行機の位置はここだ。

眠くなってきたのでベッドにした。


DL585-65.jpg
ベッドにしてみると意外と肩の部分が広く快適だった。もう一つ、747では足元が狭いのであるが、777は足元が通路に面しているので足元が広かった。これは絶対に777のフラットベッドの勝ちだと思った。

なるほど、座っているときは通路を向いているのでプライベート感があまりないと思っていたのだが、いざ寝てみるとプライベート感は747よりも大きかった。通路を向いている意味はここにあったのである。


DL585-66.jpg
足元から見るとこんな感じ。少し暗くて見づらいが、頭から肩の部分に随分とスペースがあるのが分かるかと思う。


DL585-67.jpg
ヘブンリー毛布をかけて眠ろうと思ったが、


DL585-68.jpg
結局うまく寝入ることができず、PCを立ち上げてブログの下書きでもすることにした。睡眠の導入に失敗するともうPCを叩くしかなくなる。あまり機内で眠ってしまうと現地に着いてから眠れなくなるのでむしろちょうどいい。PCでも叩いて眠くなってきてから寝ることにしよう。いかなるときも無理をしないのが時差ボケを早く調整するコツである。


DL585-69.jpg
自席から見た機内。この部分には3列しかなく結構プライベート感がある。僕の選んだ最後列の席は搭乗時にエコノミークラスの乗客で渋滞が発生するが、それ以外は実に快適な空間であった。


DL585-70.jpg
結局4時間くらい眠ってしまい、目が覚めたら残り3時間。間もなく米大陸に上陸するところだった。ビジネスクラスは一旦眠ってしまうと1~2時間じゃ起きられない。それくらい快適なのだ。

デルタのビジネスクラス、やっぱいいぞ!


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索