二等雑魚寝と一等寝台の違い【デルタ航空A330搭乗記】

Category : デルタ航空
映画を見たら眠くなった。昼12時半発の便であるため総飛行時間の半分くらい経つと18時から19時だ。時差ボケがまだ解消していない体では一発目の眠気がやってくる。しかし前のオジさんの大いびきで眠れない。また、後ろにいるアメリカ人たちのお喋りでこれまた眠れない。一列丸ごと使っているとはいえ、ここはエコノミークラスなのだ。

前のオジさんは同じく一列を丸ごと使って仰向けに眠っており、それはそれは気持ちよさそうにいびきをかいていた。後ろのアメリカ人たちは、後ろの空いている席に自由に座って楽しそうに笑い声をあげていた。

ビジネスクラスでも仰向けに寝るという観点では一緒だが、不思議とデルタのビジネスクラスで大いびきはめったに聞かないし(自分がぐっすり寝ているだけかも知れないが)、乗客同士のお喋りなんて聞いたことがない。やはり「二等雑魚寝」のエコノミーと「一等寝台」のビジネスとでは環境がガラリと異なるのだ。結局僕はいびきとお喋りのせいでほとんど眠れなかった。


そろそろお腹が減るという頃。

2015APR-DL629-51.jpg
エンジョイ袋が配られた。


2015APR-DL629-52.jpg
中身はハムチーズサンド、バナナ、クラッカーである。エンジョイ袋のメリットは多分クルー側にある。袋がそのままゴミ袋になるためそのままポイっと捨てられるのだ。


2015APR-DL629-53.jpg
食後はコーヒー。往路の搭乗記でも書いたが、デルタのコーヒーは劇的に美味しくなった。なぜならスタバのコーヒーだから。これまでとは打って変わって食後のコーヒーが楽しみになった。薄くてマズいコーヒーをすすっていたあのころとは既に事情が違う。

コーヒーが変わっただけで随分とエアラインの印象が変わるものである。今となっては「コーヒーはやっぱりデルタに限る」なんてことを思っているくらいだから、スタバと組む効果は絶大だ。


最後に到着前のミールの紹介。

2015APR-DL629-54.jpg
チョイスはオムレツか味噌風味の鶏肉ごはんである。


2015APR-DL629-55.jpg
デルタならばオムレツが無難だろうと思いそれをチョイスした。可もなく不可もなくの普通の味。僕はデルタのエコノミークラスのご飯はマズイとよく言われるし、僕自身もブログで書いているが、このレベルならば全く問題ないだろう。今回は1回目の食事のタイカレーも比較的美味しかったし、2回目のオムレツもいい。食事は結構アタリだったと思っている。

「さて、もう一眠りするか」と思ったら、またオジサンの大いびきが始まった。

眠れねー!


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索