ベトナム航空CAのホスピタリティに涙【ついでにナナちゃん人形もベトナム航空CA】

Category : ベトナム航空
夕闇迫る中、ホーチミンへと南下する。


VN259-151.jpg
ピンと後ろにはねたようなウィングチップが787の特徴である。この角度が一番カッコいい。


VN259-152.jpg
途中キャビンではレインボー照明のスペクタクルショーが行われ、この787がベトナム航空の最も新しい機材であることを乗客にアピールしていた。

僕が搭乗した時、CAさんに「A350に乗りたかったのに機材変更になっちゃって」と嘆いていたら、「もうすぐ、レインボー照明やるから席にいて」と声を掛けてくれた。そのCAさんは僕をとても気にしてくれて、何度も話し掛けてくれた。本気で落ち込んでいる僕を見ていたたまれなくなったのだろうか。

「A350に乗るためだけに日本から来たんだよ。」と言うと、「これからどんどん機体が増えるからきっとチャンスはあるって、元気出せっ。」と励ましてくれた。「今回乗らなきゃ意味がない」と思ったが、一生懸命プラス思考に持っていこうとしてくれる姿に涙が出そうになった。


VN259-153.jpg
ホーチミンはネオンがきらめく大都会だった。


VN259-154.jpg
ホーチミン、タンソンニャット国際空港に到着。外は雷雨。遠くの方では稲妻が絶え間な光り雷鳴が轟いていた。

そう言えば、先ほどのCAさんが「この飛行機は2日前に運航を開始したばかりで、今一番新しい飛行機なの」と言っていた。(←またもや慰められた気になっている。) Flight Radarで調べてみると確かに僕が搭乗した8/13日の2日前、8/11に初めてハノイ-ホーチミン線に投入されている。ボーイング社エバレットからのフェリーでベトナムに到着したのは1日前。つまりベトナムに到着してからまだ3日しか経っていない機体なのだ。

この時は混乱していたのでその有難みを感じることはできなかったが、デビュー後数日しか経っていない飛行機に今まで乗ったことがあっただろうか。機体が非常に新しかったことを思うと僕は貴重な機会に恵まれたのだと思う。A350よりも新しい、そして本国到着から3日しか経っていない超新しい機体に乗れたのだ。

何度も励まし慰めてくれるCAさん。僕はベトナム航空CAのホスピタリティに胸を打たれた。なんだか好きになっちゃいそうだ。


20150820_nanachan.jpg
(昨日も書いたが)そんなベトナム航空CAが実は今名古屋にいる。名鉄百貨店前のナナちゃん人形がタイムリーにもベトナム航空CAの制服を着ているのだ。ベトナム航空と名鉄観光がコラボして行っている『さぁ、ベトナムヘ行こう!』という企画らしい。ベトナム航空の中部-ハノイ搭乗記は話が進んで行けば必ず出すつもりなので、それまで是非とも待っていていただきたい。きっとベトナム航空に乗ってベトナムに行きたくなるはずである。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索