ベトナム航空のA350ビジネスクラスはスタッガードだ!【ホーチミンーハノイ搭乗記】

Category : A350
ゲート前に20分も突っ立っていれば当然一番に乗り込むことができる。


VN238-08.jpg
初公開、ベトナム航空A350のビジネスクラス全景である。オーバーヘッドストウェッジが全開であるのがやや間抜けだが、A350のビジネスクラスキャビン全体を誰も写さずに撮ることができた。6月下旬に引き渡しを受けた初号機、1ヶ月程度しか運航を行っていないため、まだまだピカピカのキャビンである。


VN238-09.jpg
最後方から右側を眺める。お気付きかと思うが、ベトナム航空のA350のビジネスクラスは787とは異なるスタッガードタイプである。同じ機材の新旧でシートアレンジが異なる例は普通にあるが、最新機種同士でシートアレンジが異なる例はそこまで多くはない。787はヘリンボーン、350はスタッガードというのが実に面白いと感じた。

何故違う仕様にしたのか。一つ考えられるのはキャビンの太さの違いだ。それぞれの機材に最適な配置を選択したと考えるのである。787をスタッガードにすると、胴体の太さによりA350よりも1列少なくなるとか、A350をヘリンボーンにすると通路が広くなってしまってスペースがもったいないとか、きっとそんな理由である(知っている人がいたら教えて下さい)。いずれにせよ、きっと機体ごとに最適化された配置なのだろう。

同じ長距離国際線機材でシートアレンジが異なるのは、乗る側としては非常に楽しい。長距離路線に乗り、「どちらのシートアレンジがより快適か」といった乗り比べができるからだ。さすがに2時間のフライトではそのシートアレンジの快適性をちゃんと比較するのは難しかった。


VN238-11.jpg
僕が取った座席はビジネスクラス最後方の左側の席。8A。左窓側のみ8列目まであり、その他の列は7列目まである。


VN238-12.jpg
一つ前の7Aの座席。

スタッガードは全席通路側であるが、

偶数番号が「より窓側」、奇数番号が「より通路側」

である。これは是非とも覚えておきたい。右の窓側も全く同様である。(右側に8列目はない。)


座席指定をするとき、どんな風に言ったら「より窓側」「より通路側」が伝えられるか考えていたが、たまたまWEBで検索をすると、ベトナム航空A350のキャビン全景の写真が載っており、最後列が「より窓側」に見えたため、「8Aを下さい」と僕は番号指定で座席をアサインしてもらった。

最初「エイト エイ」が通じず、何故か「3A」をくれた。手で8を書くジェスチャーをし、「ラストロー」と言ったら通じた。発音が悪いわけじゃない。このベトナムという国では発音とかそういう問題じゃなく、通じやすい言い方を探すのが鉄則であったのだ。それは前日までのやり取りで体得していたはずだ。「A350に乗りたいこと」を伝えるのにどれだけ苦労したことか。つまり常に別の表現方法を用意しておかないとコミュニケーションが取れない事態に陥る。このあたりの感覚が非ネイティブ同士の英会話で必要なスキルなのであろう。


VN238-13_20150816234549026.jpg
中央列はこんな風になっており、互いに距離感を保てる配置となっている。


VN238-14.jpg
このA350のスタッガードのコンフィギュレーションは度の列も完全に一人掛けで、本当の意味でのスタッガードである。エアラインによっては隣同士になれるスタッガードも存在する。が、ベトナム航空では隣同士(テーブルを介さず隣同士)になれる席はなく、カップルや家族で乗るときには少し不便さを感じてしまうことがあるかも知れない。


VN238-16_20150816234549fae.jpg
「より窓側」の座席を後ろから。何となく窮屈そうにも見えるが乗ってみると全然そんなことはない。プライベート感はかなり高い。


VN238-17_20150816234550cfd.jpg
「より通路側」の座席。こちらは横が通路なので開放感はある。しかし寝るときには顔が丸見えになって少し恥ずかしい思いがする。


VN238-18.jpg
こんな空間で旅をするならば10時間でも20時間でも乗れてしまいそうだ。


VN238-19.jpg
真ん中列の座席に入り込み前方を見ると、本当に「互い違い」なのだということがよく分かるだろう。

A350のスタッガード、座る前から快適度200%だ。

つづく!


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索