スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









ベトナム航空の機内誌にひそむ深刻な問題【A350のシートマップが・・・】

Category : ベトナム航空
ベトナム航空の機内誌には深刻な問題がある。

航空マニアをナメんなよ!

ってなくらいの大問題だ。


2015AUG-NGOHAN-76_201508202242345d7.jpg
結構洒落ていて、なかなかちゃんとしている機内誌だ。しかし外見に騙されは行けない。中身がズタズタなのだ。ベトナム航空の最新鋭機であるA350と787⁻9が紹介してあるページがあるのだが、まさにそこが問題の箇所である。


VN238-151.jpg
A350の記事が書いてある部分がこちら。


VN238-154.jpg
そして787の記事がこちらだ。


VN238-152.jpg
シートマップを見て欲しい。こちれはA350のシートマップだ。最初

お、こんなところにシートマップが!

と崇めたくなるくらい有り難いと思った。何故ならこの記事を読んだのは、まだA350に乗る前の中部-ハノイの機内だったからだ。一応座席指定はしたものの、A350の窓側には「より窓側」の席と「より通路側」の席がある。偶数番号、奇数番号のどちらを取れば「より窓側」の座席になるのかを僕は知らなかったのである。「これは助かった」と一瞬思った。


VN238-153.jpg
拡大した図がこちら。しかしだ。

ヘリンボーンになってるじゃねーかよ!

それ以外にもプレミアムエコノミーが付いている点が間違っていた。A350はビジネスクラスとエコノミークラスの2クラス制である。最初787のシートマップとあべこべになっているのだと思った。A350と787を逆に載せてしまったのかと。では確かめてみよう。


VN238-155.jpg
こちらが787-9のシートマップだ。上のシートマップと同じものかと思いきや、実は微妙に違う。列の数を数えて欲しい。このシートマップでビジネスクラスは7列ある。それはそれで正しい。

一方のA350のシートマップ(とされているもの)の列数を数えて欲しい。8列ある。つまり787-9のシートマップを間違ってA350のところにダブって載せてしまったのではないのだ。ちゃんと列数を8列にして載せている。

つまり誤掲載ではない。正しく載せたつもりがヘリンボーンになってしまい、しかもプレミアムエコノミーも付けてしまったのである。


VN238-156.jpg
決定的な写真がこちらだ。絵の中のキャプションを見て欲しい。写真のヘリンボーンはA350-900だと書いてあるではないか。作者は完全に混乱している。A350も787も両方ヘリンボーンだと勘違いして書かれているのだ。

ヘリンボーンかスタッガードかは乗る側にとっては非常に重要な問題である。ヘリンボーンは度の席に座っても基本的に同じであるが、スタッガードは窓側でも「より窓側」、「より通路側」の違いがあるからである。偶数番、奇数番、どちらが「より窓側」なのかは乗る身にとって死活問題だ。このシートマップを見たビジネスマンがヘリンボーンだと思い込んでどこでもいいやと座席を取ったら、スタッガードの通路側だったとしたらクレームの一つも言いたくなるだろう。もし僕がそうされたら、機内で大混乱である。クルーと揉めて、ナッツリターンならぬスタッガードリターンをしてしまいそうだ。

そんな冗談は置いといて、記事の内容を読んでみよう。シートマップが間違っているから、記事の内容もやや信じられないのだが念のため読んでおこう。


VN238-157.jpg
ふむふむ。どうやらベトナム航空は14機のA350を導入するようである。そして就航路線はハノイ-ホーチミン、ハノイ/ホーチミン-パリ、ハノイ-ソウル、ホーチミン-上海と書いてある。なるほど、A350はの上記路線に投入する予定なのか。また乗りたくなった場合に備えて一応頭に入れておこう。


VN238-158.jpg
こちらは787-9の記事。ベトナム航空は19機の787-9を導入するようである。就航路線はハノイ-ホーチミン、ハノイ/ホーチミン-ロンドン、フランクフルト、東京と書いてある。なるほど787⁻9はそのうち日本に就航させる予定なのか。そしてA350も787も欧州路線に飛ばす予定なのだが、A350はやはりエアバスの本拠地であるパリに飛ばすわけだ。

少し残念なのはA350に東京に飛ばす予定がないこと。787でも構わないのだが、どうせならベトナム航空が日本初就航を果たして欲しかった。近いし、すぐに乗りに行けそうだからだ。

と嘆いてみるものの、どこまでここに書いてあることが実行されるかである。シートマップだけではなく機内の写真まで間違えて掲載しているくらいだからA350がひょっこり日本路線に顔を出したっておかしくはない。どうせならセントレアにひょっこり顔をだしてくれないかな?なんて思っているところだ。SQのA380の日本就航便がひょっこりセントレアにダイバートしてきたように、A350もひょっこりセントレアに来てくれないかと思うのである。

機内誌は常に疑って読みましょう。

重箱の隅をつついているわけではない、誰でもわかる明らかな間違いを当然のごとく見つけただけだ。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。