A350はそんなにすごい飛行機なのか。

Category : A350
今回はまとめということで、A350の特徴を述べたい。これらは全部雑誌記事の受け売りであるが、それなりに僕の感じたことも書いておく。

A350は787よりも後にローンチされたプログラムで、787に対抗しようとA350をいかに魅力的な飛行機に仕立てるかかなり努力をしている様子が見て取れる。

まずは複合材の使用比率であるが、787の50%に対しA350は53%(情報源により異なる)。微妙な差ではあるがA350の方が複合材の使用比率が高い。787よりも複合材を使用する部分を多くすることで、787よりも優れた機体であることをアピールしている。簡単に言えば複合材とはカーボン樹脂でできた材料のことで、金属よりも軽くて丈夫な点が優れていると言われる。


VN238-991.jpg
主に複合材が使用されている部分は胴体と翼であるが、胴体の作り方が787とは異なるのがA350の特徴である。787は丸い胴体を一体成型するのに対し、A350は従来機通り、4枚のパネルをつなぎ合わせて作る。

軽くて丈夫なところが複合材のウリであるが、胴体をつなぎ合わせるという点に大きな違和感を感じる。せっかく軽い重量で作ったのにつなぎ合わせる部分があったら、そこで重量を食われてしまうではないか。そこことを知った時、「A350における複合材の使用は、重量低減が目的ではなく先端材料を使っていることのアピールが目的なのではないか」とつい疑ってしまった。

続いてエンジン。エンジンの外見上の特徴は特になく、あるのはシステムの違いである。A350のキャビンへの抽気は従来機通りエンジンから取っている。ライバルの787はエンジン抽気はキャビンには回ってこず、インテーク防氷のみに使っているので、そこが大きな違いと言える。一方でA350ではエンジン抽気をインテーク防氷には使用していない。エンジン抽気を他に回すことはエンジン自体の推進力を低めてしまう方向に働くので、なるべく使いたくないというのが本音なのであろう。ただ、最も大きく寄与するキャビンに持って行ってしまっているのが残念な点である。


VN238-992.jpg
機首部は787が全て複合材であることに対し、A350は金属製だ。機首部は鳥が当たったりするため、複合材で作ってしまうと修理しにくくなるというのがその理由らしい。

胴体の製造方法、そしてエンジン抽気。その2つを見てもA350は意外に保守的な飛行機であることが分かる。よっぽど787の方が革新的な飛行機である。あらゆる新技術、新材料を詰め込んで市場に挑んだのが787で、それらを横目に見つつリスクになりそうな部分を排除して安全に設計したのがA350だとも言える。

後発故のメリットというか、エアバスはやはりしたたかなのだ。ボーイングに追いつけ追い越せでやってきて、やっと追いついたところでA380やA350という革新的な飛行機を出してきた。しかし革新的に見えて実は保守的な飛行機がA350なのであろう。A380はサイズ自体が革新的だったと言えるのだが…。

本当は「すごいぞA350!」とか言って終わりたかったけれども、調べてみたら並の飛行機だったというわけだ。でも僕が乗った時のワクワク感、ドキドキ感は並じゃなかった。

やっぱりすごいぞ!A350

う~ん、ちょっと無理があるな…。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索