ベトナム航空A321に乗ってハノイへ【飛行機に乗るために旅行に行く】

Category : ベトナム航空
前回はえらく長く地上係員の対応について愚痴を書いてしまったが、気を取り直して出発前の様子をレポートしたい。


2015AUG-NGOHAN-01.jpg
朝10時台は国際線の出発ラッシュ、これだけの便が並んでいるのだから保安検査場はさぞかし混雑しているかと思いきや、特に行列ができることもなく結構ラクに通過できた。この日は8月13日。お盆も終盤に入っているので、特に混みあってなかったのかも知れない。


2015AUG-NGOHAN-02.jpg
スカイデッキに上がってみた。僕の乗るベトナム航空のA321は沖止めされていた。もう一機いるA321はボーディングブリッジが付けられていたので、そちらが先に出発するホーチミン行きだと思われる。


2015AUG-NGOHAN-03.jpg
ラウンジでコーヒーを飲んでいると、先ほどの沖止めされていたA321がトーイングされてきた。こちらが僕の乗るハノイ行きとなる。朝の混雑でターミナルビルに付けられない機体はスポットが空くとこのように運ばれてくるのだ。


2015AUG-NGOHAN-04.jpg
ラウンジを出ると朝の混雑したセントレアの国際線の風景が目に飛び込んできた。手前からキャセイの香港行きA330、ルフトハンザのフランクフルト行きのA340、フィンエアーのヘルシンキ行きA330、そしてデルタのグアム行き757がいた。


2015AUG-NGOHAN-05.jpg
こちらが僕の乗る飛行機。中部からベトナムへはハノイとホーチミンに飛んでおり、両方とも機材はA321だ。


2015AUG-NGOHAN-06.jpg
隣にはホーチミン行きの機体。同じA321なので下手したら乗り間違えてしまいそうだ。

僕の場合、万が一乗り間違えても最終目的地がホーチミンのため、最終地にたどり着くという目的だけを考えればどちらに乗っても問題はない。しかし、僕の目的はホーチミンにたどり着くことではない。A350に乗ることなのだ。

変なのっ。

って思われるかも知れないが、世の中には、

飛行機に乗るために旅行に行く人

(ふつうは「旅行に行くために飛行機に乗る人」です。)

がいることを忘れないで欲しい。えっ?誰に言っているかって?それは僕を対応してくれたレベルの低いグラホちゃんである。マニアをうならせる対応をしてこそ真の地上係員になれるのだ。

つづく。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索