スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









今回のベトナム行きで得た教訓【ビジネスとエコノミーの境目】

Category : ベトナム航空
目が覚めたら紀伊半島。眠くて仕方がなかったが、朝日を浴びてオレンジジュースをもらったら少しスッキリした。地獄のフライトだったがもう終盤戦。あと30分もしないうちに到着である。


2015AUG-HANNGO-42.jpg
最初四国かと思ったが、高度の低さとその後すぐに伊勢湾に出たことから「これは紀伊半島だったんだ」と思い直した。


2015AUG-HANNGO-43.jpg
伊勢市付近だ。


2015AUG-HANNGO-44.jpg
こちらの短い滑走路を持つ場所は陸自の明野駐屯地である。


2015AUG-HANNGO-45.jpg
伊勢湾にそそぐ宮川河口だ。


2015AUG-HANNGO-46.jpg
セントレアへは南から進入する。大きなフェリーが見えた。


2015AUG-HANNGO-47.jpg
ほぼ快晴のセントレアに滑り込む。海も穏やかだった。ほとんど眠っていなかったが清々しい朝だった。


2015AUG-HANNGO-48.jpg
空港の島が見え間もなくランディングという頃、地面に自機の影が映った。エアバスA321の形がくっきりと地面に浮かび上がった。こんなの初めての経験である。朝日の角度が適切にないとこの現象は起こらない。夏の少し上がった太陽、そして南からの着陸で左側という幸運がもたらした自然の悪戯である。


2015AUG-HANNGO-49.jpg
ランディング直前まで影がついてくる。とても面白い光景だった。


2015AUG-HANNGO-50.jpg
朝の喧騒の中を国際線ターミナルへとタキシングする。


2015AUG-HANNGO-51.jpg
到着ゲートは19番。もっとも近いところを割り当ててもらえた。恐らくまだ東南アジア各地からの到着便が一つも到着していないからであろう。駐機している飛行機は前日にセントレアに到着し、そのままステイしている機体たちである。この後僕の乗ってきたベトナム航空A321は沖止めスポットにトーイングされるか、別のスポットに移されるはずである。往路がそうだったからである。


2015AUG-HANNGO-52.jpg
ビジネスクラスだったのに何だかかなり疲れていた。眠れないし、腰は痛いし、まるでエコノミーに乗って帰ってきた時のような疲労感だ。僕は8万マイルも払ってベトナム往復の航空券を取ったが、もしかしたらエコノミーで十分だったかも知れない。

787やA350のビジネスクラスに乗りたかったらお金を払って乗れば良いのだ。ハノイ―ホーチミンで片道3万円。往復で6万円。そしてベトナム往復はエコノミーならば4万5千マイルだ。4時間半の道のりならばエコノミーでも何とか耐えられそうだ。だから今回は4万5千マイルプラス6万円という選択肢もアリだった。しかも今回はA350に乗るために、マイルで取った航空券を捨てて3万円を支払っている。なおさらエコノミーでも良かった。

下手なビジネスに短距離で乗るならエコノミーで十分。

そう感じたベトナムからの帰路だった。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。