スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









ルネッサンスバンコクのお部屋を紹介【1泊2日弾丸旅行記】

Category : バンコク
それではルネッサンスバンコクのお部屋を紹介したい。


2015JUL-RenaissanceBKK-11.jpg
今回アサインされたのは10階の角部屋。フロントで「アップグレードさせて頂きましたので」と言われウキウキで部屋に入った。「うわー素敵なお部屋ー!」とまではいかないが、なかなか洒落た部屋である。


2015JUL-RenaissanceBKK-12.jpg
ドアの方から見た部屋はこんな様子だ。窓際にソファーが置いてあり、別にデスクが置いてあり、装備的には全てが揃っている感じである。窓は角部屋のため2面ありとても明るいのが嬉しい。

スイートルームには少し憧れるが、僕はこれくらいの広さの部屋がちょうどいいと思っている。スイートルームのようにベッドルームとリビングルームの二部屋あったとしても、結局どちらかの部屋は使わないからである。部屋の面積であるが、30平米だとちょっと狭く感じる、40平米くらいあるととても快適だ。50平米あるともうそれは快適そのものだ。それ以上あってもスペースを無駄に使ってしまうだけだろう。この部屋は30~40平米の部屋だと思われるため、ちょうどいい広さと言ってよいだろう。

このホテル、1つ重大な欠陥があった。Wifiがメチャクチャ繋がりにくいのだ。デスクのところじゃ全く繋がらない。辛うじて繋がるのがドアの前。多分ルーターが外にあるのだろう。有線LANで繋げば全ては解決するのだが、実は僕のノートPCは超薄型のためLANポートがない。「このケーブルをさせばインターネットができるのに…」と、非常にもどかしい思いをした。

ドア前が繋がりやすいからと言って、さすがにドア前に座り込んでPCを叩くのはしんどい。そこで思い付いたのが、ドア前にスマホを置いてテザリングで繋ぐ方法。最初は上手く行っていたのだが、すぐに繋がらなくなって途中で諦めた。

やはりWifiが繋がらないのと不便だ。今どきのホテルじゃ有り得ない。今やスマホ、タブレットなど無線でしか繋げないデバイスの方が多いため、「有線LANがあるからいいじゃない」という考え方は通用しないのである。ビジネスマンの方々はこのホテルに宿泊する際には気をつけた方が良いだろう。仕事にならない可能性がある。


2015JUL-RenaissanceBKK-13.jpg
お風呂場はこんな感じ。洒落たホテルに見られるバスタブとシャワーブースが別々になっているタイプである。この手のお風呂の困ったところは、バスタブにお湯を張って浸かったはいいものの、シャワーブースまで歩いていって体を洗わないといけないところだ。床にバスタオルを敷き詰めておかないと、床がビショビショになって非常に困る。そうなることが嫌だったので、バスタオルを2枚広げて敷いて、バスタブへの道を作ってからお風呂に入った。

また、困ったことにシャワーブースの扉のゴムが弱くて、シャワーブースからお湯がドバドバと流れていくのだ。床の一部がひどい水たまりになってしまい、拭くのが面倒だった。洒落たお風呂は結構なのだが、やはり使いにくいと感じてしまう。バスタブがあって、そこにシャワーがあって、カーテンがあってという普通のユニットバスの方が断然使い易い。


2015JUL-RenaissanceBKK-15.jpg
ちなみにこの部屋は眺望が悪すぎた。この辺りはサイアムに近く高層ビルが乱立している地域なので仕方がないのだが、どちらの窓を見ても工事中なのである。


2015JUL-RenaissanceBKK-14.jpg
ただ、発想を変えると、「こんな風景を見ると発展していくバンコクを感じられていい」と言うこともできる。8年前から随分と変わったバンコクの街は未だに開発が続いているのである。

部屋に着いたのは16時過ぎ。明日の朝5時にはホテルを出ないと行けないため、残された時間は少ないが、少し休憩をして17時頃部屋を出た。もう夕方だが、少しだけでも観光しようではないか…。


スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。