タイらしい食べ物を探しに【バンコクのセントラルワールドにて】

Category : バンコク
僕は夕方、セントラルワールドというショッピングモールに出向いた。ホテルのすぐそば、爆発があったエラワン廟の交差点を挟んだ対角線側にある建物である。先日のブログ記事にも書いたが、日本食レストランが林立しているショッピングモールである。しかし、ここで日本食を食べたら意味がない。せっかくタイに来たのだからタイ料理を食べようと思った。何せ1泊だけの旅なのだから、絶対にタイ料理を食べて帰らないといけない。そんな脅迫観念にも囚われていた。例のレストラン街ではタイ料理店は少なく、探すのが大変だった。一軒だけ見つけたタイ料理屋さんに入った。


2015JUL-THAIFOOD-01.jpg
この時は名前を憶えていたのだが、うっかり名前を忘れてしまった。どこかに書いてあったのだが思い出せない。写真にはタイ語しか映ってない。読めないので店の名前がカタカナで書けない。確かタイ風ヌードルの専門店だったような気がする。


2015JUL-THAIFOOD-02.jpg
店員に話し掛けると何だかオドオド。店内に入っても店員がオドオド。日本人が珍しいのだろうか。昔のバンコクならば「ほら、ボッタクってやれ~」と店員が世話を焼きまくってくれるのだが、何だか皆シャイで全然相手にしてくれなかった。「タイも変わったよなぁ」と僕は心の中でつぶやいた。

とあるヌードルの名前を指して「これって量多いですか?」と聞くと、店員は「多い」と言う。じゃあそれひとつだけと思い、何だかよく分からないヌードルを注文した。


2015JUL-THAIFOOD-03.jpg
出てきたのがこれ。意外と小さかった。「これではお腹一杯にならない」と思ったが、もう一軒ハシゴするのもいいと思い、他の注文は思い留まった。味はいかにもタイの味。酸っぱ辛いというか、そこまで辛くはないのだが酸っぱい。辛いのは苦手だが酸っぱいのは苦手ではないので特にまずいとは感じなかった。全部スープを飲み干すのは無理だったので少し残してすぐに会計をしてもらった。

ひとつ思ったことは英語がとにかく通じないこと。それでオドオドしていたのかも知れない。観光客を全く相手にしていないんじゃないかと思えるほど英語が下手クソで困った。だからコミュニケ―ンが非常に取りにくく注文もしづらかった。「ミネラルウォーター下さい」と言ってもメニューを見せてコレと言わないと分からなかった。

ご飯を食べたら食料品売り場を物色。何かタイらしいものはないかと探した。


2015JUL-THAIFOOD-04.jpg
フルーツ売り場なんかはとてもタイらしくて雰囲気がある。ただこれを買ってホテルで食べる気にはならなかった。あくまでも見るだけ。何だか南国に来た気がするではないか。


2015JUL-THAIFOOD-05.jpg
冗談でお土産にドライフルーツのドリアンでも買っていこうかと思い一番下にあるドリアンみたいな袋を取ると、それはジャックフルーツだった。僕は何故か勘違いをして、家に帰るまでずっとドリアンだと思い込んでいた。人にあげる段になって初めてジャックフルーツだと気付いたのである。

ドリアンに似すぎだ。ただ、念のためにもう一つ別のブランドのドリアンを買ったのだが、そちらは間違いなく乾燥ドリアンだった。食べてみた感想は「うまい棒の納豆」。それだけ聞くと結構おいしい。実は生のドリアンを僕はまだ食べたことがないのだ。だから本物の味を知らないが、乾燥ドリアンは「うまい棒の納豆味」だった。

ご飯も食べたことだし、と思ったが、どう考えても足りなかったので別のものを食べようと僕は再び歩き出した。


スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索