スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









タイ航空A380やっとバンコクを離陸!

Category : タイ航空
僕のブログは出発までが長い。今回でタイ航空A380の記事は6回目だというのに、まだ出発しない。


2015JUL-TG676-51.jpg
窓の外にはシンガポールから来たタイガーエアウェイズがいた。シンガポール航空系のLCCである。


2015JUL-TG676-52.jpg
プッシュバックを開始。タイ航空の尾翼が並ぶ姿は圧巻だ。タイでは日本とは違いメガキャリアがタイ航空1社のみのため、とにかくタイ航空ばかりが目に付くのである。


2015JUL-TG676-53.jpg
滑走路に入る直前、ANAカーゴが降りてきた。恐らく沖縄からの便であろう。沖縄にはANAカーゴのハブがあり、日本、東アジア、東南アジアからの荷物を集約し、再び振り分けで各地へ運んでいる。深夜に那覇を発ち日本を含むアジアが目覚める時間に貨物便を到着させることで、東南アジアまでの荷物が翌朝には届くように効率よく運んでいる。旅客便と合わせ貨物便の需要も拡大しつつあるのだ。


2015JUL-TG676-54.jpg
離陸滑走中に遠くに見えたオマーン航空のA330。日本に飛来しない中東のエアラインが集まるのもバンコクの特徴でもある。オマーン航空は最近787を受領し、やや気になるエアラインでもある。


2015JUL-TG676-55.jpg
タイ航空の尾翼が並ぶ中、をどんどん加速するA380。アッパーデッキの背が高い分、エンジン音も静かで「本当にエンジン回ってるか?」と疑いたくなるような静けさである。もちろん「ウィーン」という音は伝わってくるが、本当に本当に、実に静かなのだ。A380に乗っことのある人は皆この感想を口にする。


2015JUL-TG676-56.jpg
ノーウェジアンの787を発見。色んなところに787を見かける。気が付けば787のデリバリーは300機を超えているそうだ。今や珍しくもなんともない飛行機なのである。それでもソソられてしまう僕はやっぱり787フェチなのだろうか。


2015JUL-TG676-57.jpg
まさに朝日が昇ったばかりのバンコクの空。1泊2日の短いバンコク滞在を終えてこれから成田へと6時間の飛行である。


2015JUL-TG676-58.jpg
離陸後左旋回。先回の内側に入ると嬉しい。


2015JUL-TG676-59.jpg
遠くには今離陸したスワンナプーム空港が見えた。巨大な空港である。ラウンジからゲートまで長い距離を歩かされるのも無理はないと思った。


2015JUL-TG676-60.jpg
垂直尾翼に取り付けられたモニタカメラから。エールフランスのA380に乗ったときもこのカメラ映像が見られた。「これはA380の標準仕様なんだ」とこの時知った。とてもエキサイティングで面白い。巡航中はどうってことないけれど…。

A380のその巨体ゆえ、ゆっくりと上昇していくのであった。



スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。